脳卒中・心房細動について

心房細動とは不整脈の一つで、心房と呼ばれる部分が細かくふるえてけいれんし、脈がバラバラになってしまう病気です。その結果、心房に血栓(血のかたまり)ができやすくなり、血栓が脳に飛んで脳の血管が詰まる(脳梗塞)リスクが高まります。心房細動を見逃さず、脳梗塞予防のための治療を行うことが大切です。

動画

患者さん向け資材

セミナー・座談会

 

動画

【動画で学ぼう】心臓と脳に思いやり 自分でできる脈のチェック

【動画で学ぼう】心臓と脳に思いやり 自分でできる脈のチェック

心臓の拍動のリズムは、手首の脈でふれることができます。脈のチェックをすると、心臓のリズムの乱れ、不整脈がわかります。この動画では、正しい脈のとり方をご紹介します。脈の乱れを感じたら、早めに医師に相談して心電図検査を受けてください。

 

動画を見る

【動画で学ぼう】心房細動① 病気のしくみとその原因は?

【動画で学ぼう】心房細動① 病気のしくみとその原因は?

解説:東京大学医学部附属病院 循環器内科 特任准教授 藤生 克仁 先生

動画は外部サイト(YouTube)でご覧いただけます。

【動画で学ぼう】心房細動② 放っておくとたいへんなことに?

【動画で学ぼう】心房細動② 放っておくとたいへんなことに?

解説:東京大学医学部附属病院 循環器内科 特任准教授 藤生 克仁 先生

動画は外部サイト(YouTube)でご覧いただけます。

【動画で学ぼう】心房細動③ 治療にあたって心がけることは?

【動画で学ぼう】心房細動③ 治療にあたって心がけることは?

解説:東京大学医学部附属病院 循環器内科 特任准教授 藤生 克仁 先生

動画は外部サイト(YouTube)でご覧いただけます。

脳卒中になった時・なった後あなたはどうする?
知っておきたい医師とのコミュニケーション

 

脳卒中を発症し、治療・リハビリテーションを経て自分らしく生きる道を見つけた3名の患者さんとそのご家族にインタビュー。 発症した時気持ちや前向きになれたきっかけ、医師に伝えたいメッセージなどをお聞きしました。 また、インタビューをご覧になった脳卒中ご専門の医師からもメッセージをいただきました。

 

メッセージ01

メッセージ02

メッセージ03

脳卒中患者さんと家族からのメッセージ
(10名の患者さんまたはそのご家族のインタビュー)
話そう。私の "脳卒中"

話そう。私の脳卒中

公益社団法人日本脳卒中協会 バイエル薬品株式会社 協同事業

動画は外部サイト(YouTube)でご覧いただけます。

患者さんのよりよい明日のために
脳卒中患者さんと家族からのメッセージ

患者さんのよりよい明日のために 脳卒中患者さんと家族からのメッセージ

日本脳卒中協会 バイエル薬品株式会社 協同事業

 

メッセージ01

メッセージ02

メッセージ03

患者さん向け資材

心臓と脳に思いやり 自分でできる脈のチェック

自分でできる脈のチェック

PDFを見る

バイエル資材センター

人生100年時代の健康長寿のための血栓症予防

人生100年時代の健康長寿のための血栓症予防

PDFを見る

脳卒中になった時・なった後あなたはどうする?
知っておきたい医師とのコミュニケーション

脳卒中になった時・なった後あなたはどうする?知っておきたい医師とのコミュニケーション

PDFを見る

寝たきりにならないために 今日からできる脳卒中予防

寝たきりにならないために 今日からできる脳卒中予防

PDFを見る

脳卒中を乗り越えて
患者さんやご家族の想い、医師の想いを知る

脳卒中を乗り越えて<br>患者さんやご家族の想い、医師の想いを知る

脳卒中患者さんと医療従事者のコミュニケーション促進
公益社団法人日本脳卒中協会×バイエル薬品株式会社

PDFを見る

 

セミナー・座談会

【動画で学ぼう】脳卒中を正しく学ぶ~夏に要注意の脳卒中、注意が必要な基礎疾患とその予防方法とは~

2021年6月21日開催 バイエル ヘルシーエイジング 
人生100年時代の「健康と幸せ力」プログラム 第1回オンラインセミナー
演者:木村 和美 先生(日本医科大学大学院医学研究科 神経内科学分野 大学院教授)

【動画で学ぼう】トークセッション「体験談からわかる脳卒中」

2021年6月21日開催 バイエル ヘルシーエイジング 
人生100年時代の「健康と幸せ力」プログラム 第2回オンラインセミナー
登壇者:河合 美智子さん(女優/脳卒中サバイバー)、峯村 純一さん(河合 美智子さんのご主人)、木村 和美 先生(日本医科大学大学院医学研究科 神経内科学分野 大学院教授)

【動画で学ぼう】脳卒中を予防するストレッチ講座

2021年6月21日開催 バイエル ヘルシーエイジング 
人生100年時代の「健康と幸せ力」プログラム 第3回オンラインセミナー
家光 素行 先生(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

 

 

何か症状があらわれたり、体調がすぐれないなどの場合は、
がまんせず、担当医・看護師・薬剤師にご相談したり、医療機関を受診してください。

 

MAC-MACS-JP-0605-01-11